81将棋.COM

81将棋.COMのCOMはコンピュータ(computer)のコムです。コンピュータ将棋ゲームに関することを書いています。

詰将棋を解くソフトを無料でダウンロード!余詰チェックも可能!!

詰将棋を解くことができる無料(フリー)のソフトをご存知でしょうか?

その名も「脊尾詰」(せおつめ)です。

パソコンにダウンロードして使える、無料の詰将棋解答専用ソフトです。

詰将棋を解くソフトと言っても、これは思考エンジンです。

詰め将棋の解答専用の思考エンジンとなります。

将棋GUIソフトが必要となりますが、「将棋所」と「ShogiGUI」に対応しているので、すでに「将棋所」と「ShogiGUI」をダウンロードしている人は、「脊尾詰」をダウンロードしてインストールすれば、すぐに使えます。

 

この「脊尾詰」があれば、今まで解けなかった詰将棋の懸賞問題も、このソフトがあれば応募し放題ですね。

有段者の人は実力で解いて、答え合わせで解答が解ります。

 

あと! 特筆するべき点は、「脊尾詰」は余詰を検索できることです。

これは、詰将棋を作ってみたけど「詰将棋問題として成立しているのか?」の確認ができます。

詰将棋には、いくつかのルールがあるので、創作詰将棋を作る作家さんや趣味の人は重宝しますね。

特に余詰は複雑なので、この詰将棋を解くソフトがありば一発で分かります。

 

 

スポンサーリンク

詰将棋を解くソフト【脊尾詰】

「脊尾詰」は、史上最長手数の詰将棋「ミクロコスモス」(1525手詰)をコンピュータソフトとして初めて解いた詰将棋専用ソフトとして有名です。

余詰を検索できる「脊尾詰」は、「ミクロコスモス」に余詰が存在しない完全な詰将棋であると結論づけました。

1997年当時、まだコンピューター将棋の棋力が弱かったころの話なので、詰将棋専用ソフトといえ衝撃的な出来事でした。

長らく「脊尾詰」は入手不可となっていましたが、2017年に将棋GUIソフト「将棋所」、続いて「ShogiGUI」にも対応し、無料でダウンロード出来るようになりました。

 

では、早速「脊尾詰」のダウンロードから使いかたまで、詳しく解説していきたいと思います。

※「脊尾詰」は、詰将棋専用の思考エンジンなので対局には使えません。

 

 

詰将棋を解くソフト【脊尾詰】を無料でダウンロード

まず初めに、将棋GUIソフトの「将棋所」か「ShogiGUI」をダウンロードしてインストールされていることが前提です。

まだ将棋GUIソフトをダウンロードしていない人は、以下を参考にしてダウンロードしておいてください。

 

「将棋所」のダウンロード方法はこちら
⇒ 【将棋所】のダウンロードから思考エンジンの登録方法

「ShogiGUI」のダウンロード方法はこちら
⇒ 将棋GUIソフト【ShogiGUI】のダウンロード方法

 

「脊尾詰」の動作環境は、「将棋所」か「ShogiGUI」が動作する環境であれば動作するそうです。

将棋所 動作環境

●対応OS : Windows Vista/7/8/10
●NET Framework 4以上
●思考エンジンのため最低でも1GB以上のメモリが望ましい

 

ShogiGUI 動作環境

●対応OS: Vista 以降
●NET Framework 4.5

 

 

【脊尾詰】導入手順

「脊尾詰」のダウンロードは、パナソニック将棋部のページから。

ダウンロードからインストールの流れ
①パナソニック将棋部のページから「脊尾詰」をダウンロード
⇓  ⇓  ⇓
②圧縮フォルダツールで展開
⇓  ⇓  ⇓
③インストール完了
⇓  ⇓  ⇓
④将棋GUIソフト「将棋所」or「ShogiGUI」にエンジン登録
⇓  ⇓  ⇓
⑤「脊尾詰」に詰将棋を解かせる

 

では、画像を使って詳しく説明していきます。

※Windows10を使ってのダウンロードからインストール方法ですが、Windowsその他OSでも感覚的にやり方は一緒です。

 

注目
はじめにzipやexeなどの拡張子を表示させてください。

拡張子を表示させる方法はこちら
⇒ 富士通Q&A-ファイルの拡張子を表示させる方法を教えてください。

 

 

【脊尾詰】のダウンロード

パナソニック将棋部のページの「脊尾詰」ページにいきます。

パナソニック将棋部のページはこちら
⇒ パナソニック将棋部のページ

パナソニック将棋部のページにきたら下にスクロール]します。

パナソニック将棋部のページ

スクロールすると脊尾詰の項目があるので、場所脊尾詰ダウンロード]をクリック。

脊尾詰ページ 脊尾詰ダウンロード

脊尾詰ダウンロード 将棋所/ShogiGUI対応版のページへきます。

脊尾詰ダウンロード項目の、SeoTsume1.2ダウンロード]をクリックします。

ダウンロードが始まります。

※バージョンアップして画像と違う場合は、最新バージョンをダウンロードするようにしてください。

ダウンロードが完了したら、Windowsキー+Eを押してエクスプローラーを開き、パソコンの【ダウンロード】フォルダにいきます。

 

 

【脊尾詰】のインストール

ここからダウンロードした圧縮フォルダの解凍(展開)、そしてインストール方法となります。

ダウンロードフォルダ

パソコンの【ダウンロード】フォルダにきたら、圧縮フォルダ(SeoTsume-1.2.zip)が保存(ダウンロード)されています。

圧縮ファルダなので右クリック]して解凍(展開)します。

 

 

※解凍できない場合は、Lhaplus等の 解凍ツールを使用して解凍してください。
解凍ツールはこちら
⇒ Lhaplus

 

圧縮ファルダを解凍

右クリックするとダイアログ(小さなウィンドウ)がでて、解凍か展開があると思います。
※解凍ツールのLhaplusがインストールされていると解凍が表示されます。

解凍(展開)の場所を決めるのですが、分かりやすいデスクトップに解凍]にします。

 

 

圧縮フォルダをデスクトップに解凍

ファルダ(SeoTsume-1.2)がデスクトップに解凍されました。
これで「脊尾詰」のインストールは完了。

これが「脊尾詰」の思考エンジンとなります。

ダブルクリックしてファルダ(SeoTsume-1.2)の中身を確認します。

 

 

「脊尾詰」の思考エンジン

中にテキストとファイルがありますが、SeoTsume.exeが「脊尾詰」の実行ファイルになります。

将棋GUIソフトにエンジン登録するのは、SeoTsume.exeです。

 

 

「脊尾詰」のインストールが完了したので、続いて将棋GUIソフトに思考エンジンを登録していきます。

 

 

スポンサーリンク

【脊尾詰】思考エンジンの登録方法と詰将棋の解かせ方

将棋GUIソフトには「将棋所」と「ShogiGUI」有名なものが2つあります。

それぞれ「脊尾詰」の思考エンジンの登録方法と、詰将棋の解かせ方を解説していきます。

将棋GUIソフトをまだダウンロードしていない人はダウンロードしてください。

「将棋所」のダウンロードの詳しいやり方はこちら
⇒ 【将棋所】のダウンロードから思考エンジンの登録方法

「ShogiGUI」のダウンロード方法はこちら
⇒ 将棋GUIソフト【ShogiGUI】のダウンロード方法

将棋GUIソフトをダウンロード&インストールしたら早速起動させます。

 

 

【将棋所】脊尾詰-思考エンジンの登録方法

「将棋所」が立ち上がったら、上部タブの[対局]をクリックします。

プルダウンメニューが開くので、一番下のエンジン管理]をクリック。

将棋所⇒対局⇒エンジン管理

エンジン管理ダイアログで思考エンジンを追加

エンジン管理のダイアログボックスが開き、これまで登録した思考エンジンが表示されます。

※登録が初めての場合は空欄です。

 

追加ボタン]をクリック。

 

 

 

PC⇒デスクトップ⇒SeoTsume-1.2

エクスプローラーが開くので、「脊尾詰」の思考エンジンがあるファルダ(SeoTsume-1.2)を探します。

デスクトップに解凍(展開)したので、[PC⇒デスクトップ⇒SeoTsume-1.2]のディレクトリ(ファイルの保存場所)にあります。

ファルダ(SeoTsume-1.2)を開けると、実行ファイル(SeoTsume.exe)があるので選択して開く]ボタンを押します。

 

将棋所に脊尾詰の思考エンジンも登録完了

エンジン一覧SeoTsume-1.2が追加されていたら、エンジン登録は成功です。

閉じる]ボタンを押して完了です。

 

 

 

 

続いて、詰将棋を解くやり方を解説していきます。

 

 

【将棋所】詰将棋の解かせ方

「将棋所」には、もともと詰将棋を解かせる機能が備わっていますが、「脊尾詰」以外の思考エンジンを使うと動作しません。

そのため詰将棋専用の「脊尾詰」の思考エンジンが必要なのです。

 

「脊尾詰」の思考エンジン登録ができたら、詰将棋問題を入力し解かせていきます。

 

局面編集モード

「将棋所」を立ち上げ、上部タブの[局面編集]をクリックで【局面編集モード】にします。

 


局面編集のプルダウンメニューが開くので、局面編集開始]をクリック。

※この時点で、薄い文字はクリックできません。

 

 

一度、プルダウンメニューが閉じますが、もう一度局面編集をクリックします。

再びプルダウンメニューが開くので、ここで詰将棋初期局面]をクリックします。

濃い文字になりクリックできるようになります。

 

 

 

詰将棋初期局面になるので、詰将棋問題を配置していきます。

玉方の駒台の駒をクリックすると駒が掴め、配置したい場所でもう一度クリックすると駒が置けます。

配置した後で右クリックすると、駒の向きを変えたり裏返す事ができます。

 

安達康二氏作(詰パラ:1967年7月号)の7手詰

 

こんな感じで詰将棋問題を配置します。

難解! 7手詰です。

 

 

 

この詰将棋は伊東果八段(当時17歳奨励会三段)が3日も考えて解けなかった7手詰として有名です。

解いてみたい人は、スクロールせずここで考えてください。

※下の【詰将棋解答モード】解説で答えが分かります。

 

詰将棋問題が配置できたら、再度[局面編集]をクリックします。

プルダウンメニューの局面編集終了]をクリックで【局面編集モード】が終了です。

 

 

いよいよ詰将棋を「脊尾詰」に解いてもらいます。

 

 

詰将棋解答モード

詰将棋を解かせるには、上部タブの[対局]or[詰]をクリック。

[詰]をクリックすると、すぐに解き始めます。

 

 

[対局]をクリックしてプルダウンメニューが開いたら、[詰将棋解答]をクリックします。

詰将棋解答のダイアログが開きます。

[設定して開始]をクリックすると、詰将棋を解き始めます。

 

ハッシュメモリや時間制限などの設定がありますが、特に設定することはありません。

※史上最長手数の詰将棋「ミクロコスモス」(1525手詰)を解いたときも、ハッシュメモリは256MBだったそうです。

詰将棋問題が正しければ数秒で解いてしまいます。

「脊尾詰」は思考時間0秒で解きました。

正解手順は、▲2八銀△3八玉▲4八金△同玉▲3九角△5九玉▲5七角まで7手詰です。

ちなみに私は解けませんでした。

 

続いて、余詰検索の設定の仕方を解説します。

 

余詰検索設定

余詰のチェックを実行する場合は、【脊尾詰」のエンジン設定でします。

※詰将棋創作以外の用途では設定は不要です。

「将棋所」の上部タブの[対局]>[詰将棋解答]で詰将棋解答のダイアログがでたら、[エンジン設定]をクリック。

 

 

エンジン設定のダイアログが別窓で開きます。

Do_YoTsume_Search]のチェックボックスにチェックを入れたら、余詰の検索をします。

YoTsume_Second]は、余詰検索の実行時間です。

OKボタンを押し余詰検索設定は完了です。

余詰検索ありで、難解7手詰を解いてみます。

余詰検索実行時間60秒に設定して54秒かかりました。

「余詰はみつかりませんでした。」と表示されれば余詰はありません。

※もし、[YoTsume_Second]で設定した余詰検索の実行時間以内で終わらなかったら、実行時間を長く設定してください。(最大3600秒)

 

 

【ShogiGUI】脊尾詰-思考エンジンの登録方法

「ShogiGUI」が立ち上がったら、上部タブの[ツール]をクリックします。

プルダウンメニューが開くので、一番上の[エンジン設定]をクリック。

エンジン一覧のダイアログボックスが開き、これまで登録した思考エンジンが表示されます。

※登録が初めての場合は空欄です。

[追加ボタン]をクリック。

 

 

 

エクスプローラーが開くので、「脊尾詰」の思考エンジンがあるファルダ(SeoTsume-1.2)を探します。

デスクトップに解凍(展開)したので、[PC⇒デスクトップ⇒SeoTsume-1.2]のディレクトリ(ファイルの保存場所)にあります。

ファルダ(SeoTsume-1.2)を開けると、実行ファイル(SeoTsume.exe)があるので選択して[開く]ボタンを押しま

 

 

別窓で、エンジン設定のダイアログボックスが開きます。

ハッシュメモリのサイズや余詰検索の有無をここで設定できます。

変更が無ければ[OK]ボタンをクリック。

※後から設定も可能。

 

 

エンジン設定は、以下を参考に設定してください。

USI_Hash:ハッシュメモリサイズの設定。1997年にミクロコスモス(1525手詰)を解いたときのサイズは224MB。
USI_Ponder:相手の手番中の先読み。詰将棋では関係ないと思います。
Do_YoTsume_Search:余詰検索をするかどうか。創作詰将棋などの余詰チェックに使用します。
YoTsume_Second:余詰検索の実行時間(1秒~3600秒)を秒単位で設定。

 

設定が完了したらOKボタンをクリックします。

エンジン一覧のダイアログボックスにSeoTsume-1.2が追加されていたら、エンジン登録は成功です。

[OK]ボタンを押して完了です。

 

 

 

思考エンジン追加後にエンジン設定をする方法は、エンジン一覧のダイアログボックスのSeoTsume-1.2をクリック。

文字が反転しますので、[設定]ボタンを押すとエンジン設定できます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

【ShogiGUI】詰将棋の解かせ方

「ShogiGUI」にも詰将棋を解かせる機能が備わっていますが、「脊尾詰」の思考エンジンがないと動作しません。

詰将棋問題を配置して詰将棋解かせていきます。

 

局面編集モード

「ShogiGUI」を起動させたら、上部タブの[局面編集]をクリックして【局面編集モード】にします。


局面編集のプルダウンメニューが開くので、局面編集開始]をクリック。

※この時点で、薄い文字はクリックできません。

 

 

一度、プルダウンメニューが閉じますが、もう一度局面編集をクリックします。

再びプルダウンメニューが開くので、ここで詰将棋初期配置]をクリックします。

濃い文字になりクリックできるようになります。

 

詰将棋初期局面になるので、詰将棋問題を配置していきます。

玉方の駒台の駒をクリックすると駒が掴め、配置したい場所でもう一度クリックすると駒が置けます。

配置した後で右クリックすると、駒の向きを変えたり裏返す事ができます。

 

勝浦修氏作5手詰(将棋マガジン昭和56年8月号)

 

詰将棋の配置の仕方は「将棋所」と一緒です。

難解! 5手詰です。

 

 

 

この詰将棋は、プロ棋士の勝浦修九段の作品です。

多くのプロ棋士が悩んだ作品らしいです。

解いてみたい人は、スクロールせずここで考えてください。

※下の【詰将棋解答モード】解説で答えが分かります。

詰将棋問題が配置できたら、再度[局面編集]をクリックします。

プルダウンメニューの局面編集終了]をクリックで【局面編集モード】が終了です。

 

 

 

続いて「ShogiGUI」で詰将棋を解くやり方です。

 

詰将棋解答モード

「ShogiGUI」で詰将棋を解かせるには、上部タブの[詰]をクリック。

[詰]をクリックすると、すぐに解き始めます。

正解手順は、▲3二桂成△同玉▲4一龍△4三玉▲2一角成まで5手詰です。

私も挑戦して解けた! と思ったら間違っていました。

 

※余詰検索の仕方は、「将棋所」の【余詰検索設定】の解説と一緒なので省略します。

 

 

藤井聡太四段が解けなかった詰将棋を解かせてみる

藤井聡太七段(当時四段)が解けなかった問題があります。

それは、第14会詰将棋解答選手権チャンピオン戦-第2ラウンド⑩の問題です。

詰将棋解答選手権で連覇している、藤井聡太七段が解けなかったのだから、さぞかし難しい問題にちがいありますん。

 

詰将棋専用ソフト「脊尾詰」で解いてみます。

作者:鈴川優希
発表:第14回詰将棋解答選手権チャンピオン戦
発表年月:2017年3月26日
出典:詰将棋解答選手権 速報ブログ

 

「脊尾詰」は、37手詰めを6.5秒で解きました。

呆れるくらい早いですね。

 

 

 

【正解手順】
▲5八銀 △6八玉 ▲6九銀 △同 玉 ▲2九飛 △5九銀▲同 飛 △同 玉 ▲6七銀 △5七歩 ▲同 飛 △4八玉▲4七金 △4九玉 ▲4八金 △同 玉 ▲1七飛 △4九玉▲5八銀 △同 玉 ▲5七馬 △4九玉 ▲4七飛 △3八玉▲4八馬 △2九玉 ▲3八銀 △1八玉 ▲1九歩 △同 玉▲3七馬 △2八飛 ▲4九飛 △1八玉 ▲2七銀 △同飛成▲1九飛まで37手詰。

 

 

詰将棋を解くスマホのアプリはないのか?

2018年10月現在、スマホで詰将棋を解くアプリは無いようですね。

スマホでコンピューター将棋と対局できるアプリは、数多くあるのに詰将棋を解くアプリが無いのは残念です。

唯一希望が持てるのは、Androidで動作する将棋用GUI「ShogiDroid」が、スマホのAndroidアプリであることです。

作者さんが「ShogiDroid」で使える、「脊尾詰」の思考エンジンを追加したら、詰将棋専用アプリとして登場する可能性がありますね。

 

今後に期待しましょう。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top