無料将棋ソフト【Kristallweizen】(白ビール)のダウンロード方法

2019年度準優勝将棋ソフト【Kristallweizen】(白ビール)を無料でダウンロード! 【やねうら王】で動かす!

 

【Kristallweizen】は2019年 第29回世界コンピュータ将棋選手権で準優勝した将棋ソフトです。

読み方は、「クリスタルヴァイツェン」ドイツ生まれのいわゆる白ビールのことで、コンピュター将棋ソフト界では通称「白ビール」呼ばれています。

 

白ビールこと【Kristallweizen】の評価関数を、2019年優勝将棋ソフト【やねうら王】の思考エンジンにのせて動かします。

 

やねうら王の思考エンジンをまだダウンロードしていない人は、先にダウンロードしておいてください。
➽ 2019年優勝将棋ソフト!やねうら王の無料ダウンロード方法

スポンサーリンク

【Kristallweizen】評価関数のダウンロード方法

※Windows10でのダウンロード方法で解説していきます。

Kristallweizenの動作環境は、使用するやねうら王の思考エンジンに依存していると思うので、やねうら王の動作環境を満たしていれば動くと思います。

やねうら王のいいところは昔の32ビットパソコンから、最近のCPU「AVX2]まで対応している思考エンジンを用意しているところです。

 

と、言っても古すぎてもダメなので最低限の動作環境は必要です。

32ビットでも動くバージョンがありますが、64ビット対応OSが推奨です。

 

やねうら王 + Kristallweizenが快適に動作する環境は以下のとおりです。

【やねうら王 + Kristallweizen】動作環境(快適動作)

●対応OS : 64ビット対応OS
●CPU : SSE4.2以上のCPU
●メモリ : 4GB以上の空きメモリ
●ディスク : 512MB以上の空きがあるHDD・SSD(SSDのほうが快適)

はじめにzipやexeなどのファイルの拡張子を表示させてください。

拡張子を表示させる方法はこちら
➽ Windows10・その他OS

 

GitHub(ギットハブ)のTama4649/Kristallweizenページに行きます。

※ GitHubはソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービスです。

【Kristallweizen】(白ビール)のダウンロードはこちら
➽ Tama4649/Kristallweizen

 

Tama4649/Kristallweizenページに、Kristallweizenに関するファイルが色々あるので、Kristallweizen評価関数の最新バージョンを探しダウンロードします。
今回の最新バージョンは、「 Kristallweizen改V0.4公開。」です、Kristallweizen_kaiV0.4.zipをクリックしてダウンロード。

ダウンロード(保存)場所は適当なところでいいのですが、わかりやすくダウンロードフォルダに保存します。

ダウンロードが完了したらWindowsロゴキー+Eを押してエクスプローラーを開き、パソコンの【ダウンロード】フォルダにいきます。

評価関数(NNUE型)圧縮フォルダの展開(解凍)

パソコンの【ダウンロード】フォルダにきたら、圧縮フォルダー[Kristallweizen_kaiV0.4.zip]が保存(ダウンロード)されています。

 

この中に評価関数が入ってます。

圧縮されているので、圧縮フォルダを展開(解凍)していきます。

 

圧縮フォルダー[Kristallweizen_kaiV0.4.zip]をダブルクリックで展開。
※デスクトップに先にダウンロードした、やねうら王の思考エンジン[新しいファルダー]と定跡[book]があります。

※解凍できない場合は、Lhaplus等の 解凍ツールを使用して解凍してください。
解凍ツールはこちら
➽ Lhaplus

 

ダブルクリックで展開したら、[eval]ファルダーになり、この中に評価関数の[bin]ファイルが入ってます。

思考エンジンへの組込み

思考エンジンへの組み込み作業を解説していきますが、先に「やねうら王」の思考エンジンと定跡をダウンロードしている前提で解説していきます。

※デスクトップに先にダウンロードした、やねうら王の思考エンジン[新しいファルダー]と定跡[book]があります。

 

まだ、やねうら王の思考エンジンをダウンロードしてない人はこちら
➽ 2019年優勝将棋ソフト!やねうら王の無料ダウンロード方法

 

次に、展開した評価関数の[eval]ファルダーを、先に作っておいた[新しいファルダー]入れるのですが、ややこしくなるので分かりやすい手順で解説していきます。

①右クリックで[eval]ファルダーをドラッグ
②デスクトップにドロップ
③メニュが表示されるので[ここにコピー]を選択

どうですか? できましたか?

ここまで来たらあと一息です。

 

次に、[book][eval]のフォルダーを[新しいファルダー]に入れます。

[book]と[eval]2つのフォルダーを選択し、ドラッグで[新しいファルダー]の中に移動します。

フォルダーが1つにまとまったら名前を変えます。

名前は入れた評価関数の名前でいいですが、「Kristallweizen」だとわかりずらいので「白ビール」とします。

 

これで、「Kristallweizen」通称【白ビール】の将棋ソフトが完成です。

スポンサーリンク

将棋GUIソフトへのエンジン追加方法と設定方法

次に、将棋GUIソフトへのエンジン追加方法と、自分のパソコンに合った思考エンジンの選びかを解説していきます。

将棋GUIソフト【ShogiGUI】を使った説明です。

 

将棋GUIソフトをまだダウンロードしていない人はこちら
➽ 将棋GUIソフト【ShogiGUI】のダウンロード方法

【ShogiGUI】へのエンジン追加方法

ShogiGUIを起動したらメニューバーの[ツール]から[エンジン設定]をクリック。
「エンジン一覧」のダイアログが表示されるので[追加]をクリック。

追加ボタンを押すとエクスプローラーが開きます。

 

デスクトップに作った「白ビール」を探します。

右上に「白ビール」と入れて検索するか、[PC]➡[デスクトップ]➡[白ビール]の順で探してください。

パソコンに合った思考エンジンの選びかた

フォルダー[白ビール]に組み込んだ、やねうら王の実行ファイル(思考エンジン)がずらずらと表示されます。

この中から評価関数の型に対応した思考エンジンで、なおかつ自分のパソコンの性能に合った思考エンジンを選んでいきます。

 

まず、白ビールの評価関数は「NNUE型」なので、以下の5つの候補があります。

  • YaneuraOu_NNUE_avx2.exe
  • YaneuraOu_NNUE_nosse.exe
  • YaneuraOu_NNUE_sse2.exe
  • YaneuraOu_NNUE_sse41.exe
  • YaneuraOu_NNUE_sse42.exe

※画像も参照してください。

次に、自分のパソコンの性能にあった思考エンジンを選んでいきます。

参考までに、目安としてPCを買った時期に対応している思考エンジンを記載しておきます。

※XXXXは評価関数の種類が入ります。

2000年より以前 YaneuraOu_XXXX_nosse.exe : SSEなし /32bit OS用
2000~2006年 YaneuraOu_XXXX_sse2.exe : SSE2 以降用/64bit OS用
2007~2008年 YaneuraOu_XXXX_sse41.exe : SSE4.1 以降用/64bit OS用
2009~2013年 YaneuraOu_XXXX_sse42.exe : SSE4.2 以降用/64bit OS用
2014年以降 YaneuraOu_XXXX_avx2.exe:AVX2 /64bit OS用

上記で当てはまるものを選択するか、その以前の年代ものを選択すれば動くと思います。

※動作を保証するものではありません。あくまでも目安です。
※nosse.exeを選んでおけば、どのPCでも動くと思います。

 

自分のPCがどれに対応しているか分からないという人は、左から新し順に並んでいるので参考にしてください。

最新のPC avx2 ➡ sse42.exe ➡ sse41.exe ➡ sse2.exe ➡ nosse.exe 古いPC

 

左のavx2から順番に試して、起動するものがあなたのパソコンに対応しています。

 

試しにavx2のファイル[YaneuraOu_NNUE_avx2.exe]を選んでみます。

ファイル[YaneuraOu_NNUE_avx2.exe]をクリックし選択、続けて[開く]をクリックします。

※起動には数秒から数十秒かかる場合があるので、しばらくどこも触らずに待っていてください。

パソコンが対応していないなら、画像のように「エンジンの起動に失敗しました」とダイアログが表示されます。

もう一度、エンジン[追加]からやりなおします。

次のファイル[YaneuraOu_NNUE_sse42.exe]を選択します。

※起動には数秒から数十秒かかる場合があるので、しばらくどこも触らずに待っていてください。

起動に成功すると「エンジン設定」のダイアログが開きます。

続けてエンジン設定をやっていきます。

「エンジン名」が選択した思考エンジンのファイル名になっているので、先に「エンジン名」のところをわかりやすい名前に変えます。

私は「白ビール」にしました。

「100テラショック定跡」のエンジン設定

先に組み込んでおいた定跡ファイル「100テラショック定跡」の使い方に、エンジン設定の指示が書いてあったので二ヵ所変更します。

BookFileの変更

①BookFileを選択
②[∨]をクリック
③user_book1.dbを選択


BookDepthLimitの変更

①BookDepthLimitを選択
②[∨]をクリック
③「0」に設定
設定がおわったら[OK]をクリック。

 

エンジン一覧に戻るので追加されたエンジン名を確認して、最後に[OK]をクリックします。

以上が「100テラショック定跡」の設定でした。

※エンジン登録後、思考エンジンの入っているフォルダを移動(ディレクトリの階層)させると、エンジンの起動に失敗するので改めてエンジン登録し直してください。

スポンサーリンク

【Kristallweizen】(白ビール)の強さ

【Kristallweizen】(白ビール)と【elmo】を対戦させてみました。

「elmo」は2017年バージョンで、当時の「世界コンピュータ将棋選手権」優勝ソフトです。

「白ビール」は2020年最強と思われる将棋ソフトのひとつです。(2020年1月現在)

  • 先手:elmo 持ち時間は一手6秒
  • 後手:白ビール 持ち時間一手3秒

白ビールをワザと不利な後手にし、持ち時間もelmoの半分にしました。

 

対戦結果は画像のとおり白ビールの逆転勝ち!

 

中盤elmoが有利に駒を進めていたものの終盤じょじょに逆転、最後は一気に即詰みに打ち取りました。

評価値のグラフを見てもわかるとおり、1000以上あった評価値を逆転しています。

 

持ち時間が倍ちがうことは相当なハンデだと思うのですが、それを逆転するとは【Kristallweizen】(白ビール)恐るべしです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました