/* サーチコンソール */

81将棋.COM

81将棋.COMのCOMはコンピュータ(computer)のコムです。コンピュータ将棋ゲームに関することを書いています。

#6|藤井聡太四段vs竹内雄悟四段~ぷち棋譜解説~

出典:竹内雄悟 (@takedai292) | Twitterより

 

藤井聡太四段~公式戦6戦目の対局相手は、竹内雄悟四段です。

竹内雄吾四段は、振り飛車党で対局の8割以上で飛車を振っています。

中飛車・四間飛車・三間飛車・向飛車と相振り飛車と振り飛車なら何でも指しこなします。また、変則的な将棋が特徴で定跡にとらわれない棋風です。

対局は、2017年2月23日に行われた、第67回テレビNHK杯将棋トーナメントの予選です。

藤井聡太四段はNHK杯予選、同日の3局目。

[先手]藤井聡太四段[後手]竹内雄吾四段で始まり、111手で藤井聡太四段の勝ちとなりました。

藤井聡太四段は、この日3連勝! 公式戦6連勝です。

 

それでは藤井聡太四段、6戦目の棋譜を少しだけ解説していきます。

私が気になった局面を、将棋ソフトを使ってぷち棋譜解説です。

※将棋ソフトの解析が絶対正しいとは言い切れませんが、私の解説も正しいと言えません。
間違っている場合は指摘してください。

スポンサーリンク

 

第67回NHK杯テレビ将棋トーナメント予選|藤井聡太四段vs竹内雄吾四段の棋譜

対局日 2017年2月23日
棋戦 第67回NHK杯テレビ将棋トーナメント予選
持ち時間 各20分/一手30秒
先手 藤井聡太四段
後手 竹内雄吾四段
戦型 対抗形-後手四間飛車

棋譜の再生は、Flash Playerで動く将棋棋譜再生盤「Kifu for Flash」を使用しています。

パソコンでの閲覧の場合、Flash Player 9以上が必要です。
スマホやタブレットの場合は、Flash対応のブラウザ「Puffin Web Browser」をダウンロードする必要があります。

Flash対応のブラウザ「Puffin Web Browser」は下からダウンロードできます。

 

Puffin Web Browser

Puffin Web Browser
開発元:CloudMosa, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 



戦型は、[後手]竹内雄吾四段の四間飛車、[先手]藤井聡太四段の居飛車穴熊の戦いです。

先に仕掛けたのは竹内雄吾四段でした。

3筋方面の攻防のすえ、香を手に入れた竹内雄吾四段は、藤井聡太四段の穴熊に狙いを定めて9筋に怒涛の攻撃を仕掛けます。

竹内雄吾四段の端攻めを巧みにかわし、反撃のチャンスをうかがいます。

竹内雄吾四段の攻めが切れたのを見て一気に攻め落としました。

 

気になった局面を将棋ソフトで棋譜解析、解説していきます。

 

 

藤井聡太四段vs竹内雄吾四段のぷち棋譜解説

将棋ソフト elmo
解析時間 一手60秒

 

 

 

今回の棋譜解析に使う将棋ソフトは、「elmo」です。

乱高下する評価値グラフを見ても分かるように、本局がいかに激しい戦いだったか想像ができるかと思います。

解説したい気になる局面は沢山あったのですが、ぷち棋譜解説なので1つだけ選びました。

私の解説したい気になる局面は、96手目△2五歩までの局面です。

スポンサーリンク

96手目△2五歩まで

この局面で、後手玉に即詰みがあります。

詰将棋に自信がある人は、詰ましてみて下さい。
27手詰めです。

先手の藤井聡太四段は▲7三桂成で詰ましにいきませんでしたが、危なげなく勝っています。

先手玉には詰めろがかからない状態なので、わざわざ後手玉を詰ます必要はないのですが、一応! 詰みがあったという事で解説します。

 

[elmo]自身も96手目△2五歩の時点で後手玉の詰みには気づいていません。97手目で詰みに気づきます。(棋譜解析時)

96手目でも検討時間を6分に増やせば詰みを発見するだろう、と思いましたが発見にはいたらず。

仕方ないので、詰将棋に定評がある[技巧2]を検討に追加して再検討しました。

上記画像のように[elmo]は6分たっても詰みを発見できません。

[技巧2]は見事詰ましています。
驚くのは詰ました時間で、30秒ぐらいで詰ましたのにはビックリしました。

同じ条件で[平成将棋合戦ぽんぽこ]にもやってもらいましたが、詰ますことができないんですよ!

[技巧2]恐るべしです。

以下、[技巧2]の詰み手順です。

▲7三龍△6二金直▲同角成△同金▲8二金△6一玉▲7二金△同金▲5二銀△同玉▲7二龍△6二銀▲6三銀△4二玉▲6二龍△5二歩▲同龍△3三玉▲2二龍△4四玉▲5四玉△3五玉▲4五馬△同玉▲4六金△4四玉▲4五香△5三玉▲5二龍まで29手詰めです。

途中、16手目の△5二歩が無駄な合駒なので、△5二歩▲同龍の2手をのぞいて27手詰めになります。

※将棋棋譜再生盤「Kifu for Flash」にも、[技巧2]の詰み手順の分岐があるので参考にしてください。

 

 

藤井聡太四段~6戦目の感想~

29手目の局面も時間があれば、藤井聡太四段は詰ましていたと思います。

しかし持ち時間の少ないNHK杯戦ですし、終盤だと間違いなく秒読みになっていたでしょう。

危ない橋を渡らずとも、勝ちは勝ちです。

[elmo]との指し手一致率も、お互い50%代とかなり難しい将棋だったと思います。

そんな難しい将棋も勝ち切り、藤井聡太四段はHNK杯本戦出場をきめました。

これで公式戦6連勝です。

 

藤井聡太四段の勝敗~6勝0敗/勝率10割~

藤井聡太 棋士~戦績/対局数-6局~
成績 勝敗 勝率
通算成績 6勝0敗 10割
2016年度 6勝0敗 10割
2017年 5勝0敗 10割
2016年 1勝0敗 10割

※年度は、4月1日から翌年3月31日の期間です。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top /* アナリティクス */