/* サーチコンソール */

81将棋.COM

81将棋.COMのCOMはコンピュータ(computer)のコムです。コンピュータ将棋ゲームに関することを書いています。

第57期王位戦 第5局 羽生王位vs木村八段【棋譜解析#16】

第57期王位戦第5局 羽生王位

出典:2016年8月31日王位戦中継サイト 王位戦中継ブログより

 

羽生王位!評価値(2500)からの逆転負け!!

COM(技巧)の評価値で(2500)は勝勢の局面です。
時間もなく終盤の難しい将棋でしたが、羽生王位が決めきれず負けてしまいました。

かつては終盤で不利になっても、鬼気迫る強さを見せた羽生王位はどこにいってしまったのか!!
ましてや逆転されるとは・・・。

局面が二転三転した壮絶な戦いを、COMの棋譜解析で明らかにしていきます。

スポンサーリンク

第57期王位戦七番勝負 第5局

第57期王位戦第5局は、8月30・31日に徳島県徳島市でおこなわれました。

逆転された将棋をされに逆転し見事勝利! 長手数に及ぶ死闘を木村八段が勝ち取りました。
これで木村八段が王位戦を3勝2敗とし、初タイトル獲得が現実味をおびてきました。

では、フラ盤で熱い戦いをご覧ください。

 

【将棋棋譜】羽生善治王位 vs 木村一基八段

Android(OS)端末で[このプラグインはサポートされていません。]と表示される方はこちらを参考にしてください。
⇒ Android 4.4でもFlashをネイティブ再生できるブラウザ「FlashFox」

第5局は、羽生王位の先手です。

戦型は、第4局と同じく角換わりとなりました。
先後が変わっての角換わりです。

172手に及んだ死闘を、二人はどのように戦ったのでしょうか!!

 

COM棋譜解析

コンピュータ将棋で棋譜解析をしていきます。

思考エンジンは技巧
将棋GUIソフトは【ShogiGUI】

技巧のダウンロード方法はこちら
⇒ 無料将棋ゲームソフト【技巧】のダウンロード方法

【ShogiGUI】のダウンロード方法はこちら
⇒ 将棋GUIソフト【ShogiGUI】のダウンロード方法

早速、棋譜解析したグラフを見てください。

第57期王位戦第5局 棋譜解析グラフa
第57期王位戦第5局 棋譜解析グラフb

114手目は、これまで有利だった木村八段が、桂取りをうっかりして逆転してしまった局面です。

その後、羽生王位に形勢が大きく振れ、124手目には評価値(2509)と勝勢にまでなったのですが、決め手を発見できずに一進一退の攻防が続きます。
再び形勢が良くなり、139手目には評価値(1489)と優勢にまで回復しましたが、難しい受けの局面を乗り越えられず逆転負けしてしまいました。

今回は、125手目と139手目の勝負所だった局面を棋譜解析していきたいと思います。

 

125手目の棋譜解析

125手目棋譜解析グラフ

125手目▲6七角
大悪手!!

▲6七角打は普通の受けだが、COM(技巧)に言わせれば大悪手なのであろう。
評価値(2509⇒1002)

では、最善手は!
検討してみます。

125手目検討
攻防の角打ち

技巧の最善手は▲2五角打でした。
一見、△6七金が怖いが、▲8八玉△6八桂成に▲5八角と龍を取って大丈夫である。

△4九龍と逃げるのは、▲5五角で後手玉に詰めろがかかる。

 

▲2五角以下の読み筋

▲2五角以下、△3六歩▲4二銀△2三金打▲3六角△3八龍▲4七銀打△3九龍▲7三角成と進み、評価値(2586)で勝勢である。

しかし1分将棋では、この筋は読めないかもしれない。
▲6七角打でまだ優勢なら、▲6七角を選ぶだろう。

スポンサーリンク

139手目の棋譜解析

139手目棋譜解析グラフ

139手目▲7七銀
当然の▲7七銀右?

△5六桂の銀取り詰めろに、▲7七銀右とかわして受けるのが筋だが・・・。

技巧は悪手を表示。
評価値(1489⇒407)

技巧はどう受ける?

139手目検討
奇妙な早逃げ!

銀を見捨てての早逃げが妙手!
△6八龍と銀を取れば▲3一飛車から後手玉が詰む。

△6八桂成と銀を取ると、▲2四銀で後手玉に受けがない。
詰ましにいくしかないが、先手玉が実は詰まないのである。

▲8八玉に銀は取れない!

▲8八玉と指されたら、後手は受けの一手となる。
▲8八玉以下、△3一銀▲8二飛△7二角▲7七銀右△6七歩▲同銀△3四金▲2四歩△2二歩▲9二飛成が技巧の読み筋。
評価値(1337)

 

棋譜解析まとめ

第5局は、終盤の1分将棋を制した木村八段が勝ち、初タイトルに王手をかけましたね。
今回の対局は、時間は大切だとあらためて思った一局でした。

いかにプロ棋士だろうと、時間がなければ間違うし最善手も見つけられない。
そして逆転もありえるのです。

それはコンピュータでも一緒だと思います。
1分将棋だと、いかに技巧といえども139手目に▲8八玉は指せません。

最後に、コンピュータ将棋がすべて正しいとは限らないので、あくまで一つの形勢判断として参考にしてもらえたと思います。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top /* アナリティクス */