/* サーチコンソール */

81将棋.COM

81将棋.COMのCOMはコンピュータ(computer)のコムです。コンピュータ将棋ゲームに関することを書いています。

第57期王位戦 第4局 羽生王位vs木村八段【棋譜解析#15】

第57期王位戦第4局 羽生王位
出典:2016年8月23日王位戦中継サイト 王位戦中継ブログより

 

攻めの構想が良くなかった羽生王位!いいところなく敗れる!!

中盤50手目の△6四角打から羽生王位の形勢が悪くなり、最後まで形勢がよくなることはありませんでした。
終局後のコメントでも、△6四角を打った構想がよくなかったと語っています。

勝負の行方を決めたであろう、問題の50手目に焦点をあててみたいと思います。

スポンサーリンク

第57期王位戦七番勝負 第4局

第57期王位戦第4局は、8月22・23日に福岡県飯塚市でおこなわれました。

4局目を木村八段が勝ち再びタイに戻った王位戦です。
第5局も終了していていて、どちらかがリードしていますね。

早く記事を書かないと第6局も始まっちゃうよ~💦💦(~_~;)

ではでは、第4局の棋譜をフラ盤でご覧ください。

 

【将棋棋譜】木村一基八段 vs 羽生善治王位

Android(OS)端末で[このプラグインはサポートされていません。]と表示される方はこちらを参考にしてください。
⇒ Android 4.4でもFlashをネイティブ再生できるブラウザ「FlashFox」

木村八段の先手番で始まりました。

角換わりの出だしとなり、後手の羽生王位から角を交換しました。
戦型は、角換わりからのオーソドックスな腰掛け銀となっていきます。

最近の角換わりでは、端歩を突くタイミングが難しいそうです。
突き合ったり、突かなかったり、手ぬかれたり!

『端歩三六景』なんて言われてるんですね! オモシロイね( *´艸`)

角換わりは、端歩に注目してみてください。

 

COM棋譜解析

コンピュータ将棋で棋譜解析をしていきます。

思考エンジンは技巧
将棋GUIソフトは【ShogiGUI】

技巧のダウンロード方法はこちら
⇒ 無料将棋ゲームソフト【技巧】のダウンロード方法

【ShogiGUI】のダウンロード方法はこちら
⇒ 将棋GUIソフト【ShogiGUI】のダウンロード方法

早速、棋譜解析したグラフを見てください。

第57期王位戦第4局 技巧棋譜解析グラフ

50手目、羽生王位の△6四角から形勢が徐々に先手有利になります。
以下、終盤まで羽生王位は、これといった悪い手は指さないのですが、逆転できる手も指せません。

よほど△6四角の構想が悪かったのでしょう!!

今回の棋譜解析は、50手目だけを検討、解析します。

スポンサーリンク

50手目の解析

50手目△6四角
問題の△6四角打

技巧の評価値は(120⇒326)となります。
その差(-206)しかなく、大した事なさそうですが勝負に大きく関わってきました。

今回の検討の仕方は、50手目のみではなく、50手目から一手一手を検討してみました。

 

50手目からの検討60手目
技巧の構想

50手目から△4六歩▲同金△6四角▲5五角△同銀▲同金△同角▲同銀△6六歩▲5一角△6七歩成まで技巧の最善手で一手一手検討した手順です。

技巧の構想60手目の評価値は(0)互角となりました。
これは難しい将棋となるでしょう。

 

50手目から感想戦の検討
感想戦の評価値

感想戦は△6六歩以下、▲6四角△6七歩成▲同銀△8三飛▲5六金△6三歩▲7三角成△同飛▲4六桂△3三銀▲2五桂△3七角▲2九飛△7五歩▲同歩△7六歩でどうか? を検討していました。

技巧の評価値は(451)先手有利!
ダメじゃないか!! (^^;

検討陣もよかった

現地の検討陣は、△4六歩▲同金△6四角▲4七金△6六歩を検討!
これなら少し後手が良くなるようだ。評価値(-183)互角。

 

棋譜解析まとめ

構想とは?
大局観とはまた違う何やら難しい言葉ですが、将棋で構想を分かりやすく言えば戦略でしょうか?

戦いの戦略を間違えると、形勢を挽回するのがいかに難しいかが分かる一局でした。(最善手を指し続けても差は開く一方)

戦略がうまくいかず敗れてしまった羽生王位ですが、次に期待しましょう。

最後に、コンピュータ将棋がすべて正しいとは限らないので、あくまで一つの形勢判断として参考にしてもらえたと思います。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top /* アナリティクス */